おいしい秘密

森永のおいしい牛乳の「おいしい秘密」をご紹介。これであなたも「おいしい牛乳"通"」!

森永のおいしい牛乳の特長

  • 牛乳のエキスパート、全国600名の酪農家のみなさんからヒントをもらってつくられた!
  • 牛乳に含まれる脂肪球の大きさにこだわり、コクとキレのバランスを追求。そして最適な脂肪球の大きさを発見!
  • 「森永のおいしい牛乳」がおいしいのは、製法にあり!その製法とは、「インフュージョン式殺菌法」を導入した「FTP製法」(Fresh Taste Process)!
  • 森永のおいしい牛乳シリーズは賞味期限が15日間!
  • 生乳を蒸気でやさしく包み、瞬間的に加熱殺菌・冷却。この殺菌方法によって、加熱による独特の臭いを抑えているんです。
  • 開発の上で目指したのは、酪農家のみなさんが言う「においにくせがなく、口あたりとのどごしがよくて、後味がすっきりした、本当においしい牛乳」。
  • 従来の殺菌法は、ステンレスの間に牛乳と温湯や蒸気を交互に流し込む方法。対して、「森永のおいしい牛乳」は蒸気で牛乳を包み込むという新しい殺菌方法を採用!
  • 森永のおいしい牛乳と森永のおいしい低脂肪牛乳の原材料は、生乳100%!
  • 工場のタンクに入れられた生乳は、クラリファイヤーという機械により、すごい勢いで回転!目に見えないくらいの小さなゴミまでとばしてキレイに。
  • 森永のおいしい無脂肪乳。乳脂肪分はほとんど無いけれど、カルシウムとたんぱく質は無調整牛乳に比べて多い!
  • 牛乳が光の影響を受けにくい色の研究を重ねた結果、濃いブルーが遮光性に優れていると判明。そして現在のパッケージの色にたどりつきました。

森永乳業の豆知識

  • おいしい牛乳をつくっている森永乳業の前身は、大正6年に設立された日本煉乳株式会社。その後、昭和24年に現在の森永乳業株式会社に。歴史が古い!
  • いちばん初めに、森永牛乳が発売されたのは昭和4年の12月のこと。今から70年以上も前!
  • 森永のおいしい牛乳がいちばんはじめに発売されたのは、2003年9月のことでした。
  • 新発売当時は、関西地区で先行発売されていた森永のおいしい牛乳。関西での人気を受けて、今では全国で発売されています。
  • 森永のおいしい低脂肪牛乳は、森永のおいしい牛乳の発売から3年後、2006年4月に登場しました。
  • 森永のおいしい牛乳が開発されたのは、神奈川県座間市の食品総合研究所。
  • 森永乳業の楽しい工場見学。多摩サイト、中京工場では牛乳ができる過程も見学できる!
ページTOPへ